持込(読み)もちこみ

精選版 日本国語大辞典「持込」の解説

もち‐こみ【持込】

〘名〙
① 持ち込むこと。運び入れること。持って来ること。趣向をとり入れ合わせること。また、そのもの。
※談義本・根無草(1763‐69)後「程なく正月二の替り、嘉例の曾我に種々の持込」
※エオンタ(1968)〈金井美恵子〉一八「私物の持ち込みは医師の必要と認めたものの場合は許されていたから」
囲碁で、相手の地域内または勢力下に打って、外側から包まれて取られてしまうこと。

もち‐こ・む【持込】

〘他マ五(四)〙
① 持ってはいる。運び入れる。送り入れる。持って来る。取り入れる。
※虎明本狂言・三本柱(室町末‐近世初)「何かの事はいるまひぞ、はやう内へもちこめ」
② 事件などをもってくる。また、交渉をしかける。相談をしかける。
※思出の記(1900‐01)〈徳富蘆花〉四「此ではならぬと兼頭氏に最後の談判を持込まふと思ふ矢先きへ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

クアッド

《「クワッド」とも》多く複合語の形で用い、四つの、四倍の、などの意を表す。「クアッドプレー」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android