指ぬき(読み)ゆびぬき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

指ぬき
ゆびぬき

裁縫用具の一種。手縫いのとき,運針を容易にするとともに,針によるけがを防ぐための用具。皮革や金属,合成樹脂製などがある。小さなくぼみがたくさんつけてある幅 1cmぐらいの指輪で,中指の中央にはめ,くぼみの一つに針の頭を当てて使う。飛鳥~奈良時代に中国から伝来したもの。ほかに皿付き指ぬきといい,くぼみをつけた金属製の皿を手のひらに当て,長針の運針に用いるものもある。また洋裁用のものとして,指にかぶせる形のものもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android