コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

運針 ウンシン

デジタル大辞泉の解説

うん‐しん【運針】

裁縫で、の運び方。特に、手縫いの基本で、表裏同じ縫い目に縫う手法をいう。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

うんしん【運針】

裁縫で、針の運び方。普通、和裁の基本的縫い方であるぐし縫いをいう。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

運針
うんしん

手縫いの基本になる縫い方の一種。明治の初めからの和裁教育で使われ始めたことばである。ぐし縫い、なみ縫いともいう。2枚または2枚以上の布をあわせて、表裏とも木綿は3~4ミリメートル、絹布は2~3ミリメートルの針目で縫い合わせる。ほかに和裁技術士の間で行われている絎(く)け方で、折り合わせた布の間を泳がせるようにして、針を進める方法も運針という。運針の上手、下手は、着物の仕立て栄えと、仕立てに要する時間に影響するので、十分に練習する必要がある。
 運針の正しい姿勢は、背を伸ばし、下腹に力を入れ、肩の力は抜いて、両手を肘(ひじ)の高さにして布を持つ。[岡野和子]

布と針の持ち方

右手中指の関節と関節の間に指貫(ゆびぬき)をはめ、針を布に2、3針刺して、糸を通した針穴の所を指貫にあて、中指、薬指、小指の3本で布を握り持つ。左手は針先より20センチメートルぐらい離して、人差し指以下4本で布を握り、親指は縫う線に対して直角になるように布を持つ。目と布との距離は30センチメートルぐらいとする。長針のときは、皿付き指貫をはめ、針を手のひらの皿にあてて、つかみ針で縫う。中指を固く握らないので楽であること、一度に多く縫えることなどの利点があるが、折れないように太めの針を用いるため、針目が大きくなる。[岡野和子]

針の運び方

右手の親指で針を布の向こう側に押し、同時に人差し指は布から離し、左手の布を手前に引く。次に右手の人差し指で布の手前側へ針先を押し、同時に親指を布から離し、左手の布を向こうに押すと、その一針ごとにひだができる。これを交互に繰り返し、針の長さいっぱいになるまで縫う。[岡野和子]

糸のこき方

左手のところまで縫い進んだら、右手の指先の腹でよく糸をしごき、また先に縫い進める。最後に左指先で全体の糸こきをするが、糸こきが不十分だと、仕上りが汚く、布も痛みやすい。針目はまっすぐで、流れ針のないこと、針目の大小、表裏の不同針がないことがたいせつである。
 以上のほか、厚地縫いの場合は、針目が流れないように一針ごとに針を抜く一針抜きをする。さらにごく厚地のとき、または多くの布を重ね縫いするときは、手前から向こうに針を刺して抜き、次に向こうから手前に針を刺して抜く、刺し針縫いの方法もある。[岡野和子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の運針の言及

【和裁】より

…その縫い方は必要に応じて各種あり,くけや止め,しつけとともにきせをかけて縫い目を見せず,美しく丈夫な仕上りを心がける。基本は並縫い(ぐし縫い)で,運針(うんしん)として指貫(ゆびぬき)を用い最初に練習する。袋縫い,返し縫いなどの部分による縫い方,返し止め,すくい止め,袖口や袖付けなどの止め,本ぐけ,耳ぐけ,三つ折りぐけなどのくけ,結びつぎ,重ねつぎなどの糸のつぎ方,二目落し,三目落しなどのしつけなど技法は数多い。…

※「運針」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

運針の関連キーワード指貫(裁縫用具)親子時計飯野朝美電波時計万年時計基礎縫い腕時計指ぬき素縫い裁縫針道指貫和針

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

運針の関連情報