指をくわえる(読み)ユビヲクワエル

  • ゆび
  • を くわえる
  • 指(ゆび)をくわ・える

デジタル大辞泉の解説

うらやましがりながら、手を出せずにいる。「仲間の成功を―・えて見ている」
きまり悪そうにする。恥ずかしそうにする。
「―・へて這(は)ひ出づる」〈浄・寿の門松

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

① うらやましがりながら、手出しができないでいる。空しく傍観する。また、なすことなく引き退く。
※真景累ケ淵(1869頃)〈三遊亭円朝〉五七「はアさうでございますかと指をくはへて引込む事は出来ぬ」
② 恥ずかしそうにする。きまりわるそうにする。〔日葡辞書(1603‐04)〕
※浄瑠璃・山崎与次兵衛寿の門松(1718)上「呼れて祖母も一時に千年を延ぶる門松の、影に隠るる難与平、ゆびをくはへて這出る」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

指をくわえるの関連情報