コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手出し テダシ

デジタル大辞泉の解説

て‐だし【手出し】

[名](スル)
物事に手を出すこと。物事に関係すること。「事業に手出しして失敗する」
世話をやくこと。「よけいな手出しをするな」
相手に争いなどをしかけること。「先に手出ししたほうが悪い」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

てだし【手出し】

( 名 ) スル
手を出すこと。打つ・殴るなど、争いをしかけること。 「先に-したのはどっちだ」
自分から積極的にその事にかかわること。してみること。 「商品相場に-する」
他人の問題に介入すること。立ち入ること。 「余計な-をしないでくれ」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

手出しの関連キーワードウェストバージニア州教育委員会対バーネット裁判触らぬ神に祟りなしケープ(服の一部)ちょっかいを出す東京地下鉄争議寝た子を起こすアイゼンハワー(■1)∥綺手差し・手差手を袖にする手袋を引く座視・坐視手を掛ける出しゃばる迂闊・迂濶ちょっかい外国判決栃東大裕ひっかけ出し投げ

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

手出しの関連情報