コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山崎与次兵衛寿の門松(読み)ヤマザキヨジベエネビキノカドマツ

世界大百科事典 第2版の解説

やまざきよじべえねびきのかどまつ【山崎与次兵衛寿の門松】

人形浄瑠璃。世話物。3巻。略称《寿の門松》。近松門左衛門作。1718年(享保3)正月大坂竹本座初演。実説には摂州山本村の坂上与次右衛門を与次兵衛のモデルとする《澪標(みおつくし)》の説と,淀屋辰五郎をモデルとする《伝奇作書》の説と2説がある。全盛の遊女藤屋吾妻を身請けした山崎与次兵衛を歌った歌が《落葉集》の〈古来風流踊歌〉にあり,それに拠っている。新町の遊女吾妻となじみの与次兵衛は,吾妻に恋する貧乏な若者与平と出会い,義兄弟の約束をする。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android