指図人(読み)さしずにん

精選版 日本国語大辞典「指図人」の解説

さしず‐にん さしヅ‥【指図人】

〘名〙
指図をする。指揮する人。
※西洋学校軌範(1870)〈小幡甚三郎訳〉合衆国学校「公私の学校を管理せんが為め、一区の地にて人民より十二人の指図人をて」
② それとさし定めた人。指定した人。
指図証券上の記載により、弁済受領者として指定(指図)された人。〔英和商業新辞彙(1904)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「指図人」の解説

さしず‐にん〔さしヅ‐〕【指図人】

指図をする人。
指図証券上で、債権者弁済受領者として指定した人。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android