コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

挑文師 アヤトリノシ

デジタル大辞泉の解説

あやとり‐の‐し【文師】

律令制で大蔵省織部司(おりべのつかさ)に属した官。錦(にしき)・綾(あや)などの高級織物の製作にあたった。あやのし。あやとり

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の挑文師の言及

【織手】より

…その源流は中国,朝鮮半島から渡来した技術者集団であり,律令期以前には錦部(にしごり),漢織(あやはとり),呉織(くれはとり)などとよばれた。大宝令制によると,宮廷需要をまかなうために大蔵省所管の織部司(おりべのつかさ)に技術官人として挑文(あやとり)(養老令制では挑文師(あやのし),挑文生(あやのしよう))が置かれ,配下の品部(しなべ)である染戸(そめへ)570戸のうちに錦綾織,呉服部(くれはとり),川(河)内国広絹織人が掌握されていた。これらの織手は主として畿内に居住し,技術の世襲を義務づけられ,3~7戸で1台の織機を使用して,1人年額1~2疋の製品を貢納する代償に,雑徭(ぞうよう)もしくは調と雑徭を免除される規定であった。…

【織部司】より

…朝廷用の錦・綾・紬・羅など高級絹織物の織成・染色をつかさどる大蔵省管轄の令制官司。養老令の職員は,正(かみ)・佑(じよう)・令史(さかん)各1人,挑文師(あやのし)(才伎長上)4人,挑文生(あやのしよう)8人,使部6人,直丁1人で,染戸(品部)が付属する。挑文生は挑文師より教習を受ける生ではなく番上官の技術者。…

【織物】より

…こうした民衆による織物生産の一方,天皇をはじめとする皇族や貴族の料や,神仏に奉献しあるいは群臣へ賜与される錦や綾,羅のごとき高級織物の生産は,主として大蔵省に所属する織部司(おりべのつかさ)のもとでなされた。織部司には行政官のほかに挑文師(あやのし),挑文生(あやのしよう)と呼ばれた技術者も含まれ,工房も付属していた。挑文師は紋織物に関する技術指導者で,711年(和銅4)には諸国の国衙(こくが)の工房におもむいて,錦,綾,羅の製織技術を指導した。…

※「挑文師」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

挑文師の関連キーワード奈良時代(年表)織部司律令制織手

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android