コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

挟まる ハサマル

デジタル大辞泉の解説

はさま・る【挟まる】

[動ラ五(四)]
物と物との間にはいる。両側から押さえられて、動けない状態になる。「ドアに手が―・る」
対立するものの間にはいる。「労使の間に―・って苦慮する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はさまる【挟まる】

( 動五[四] )
物と物との間の狭い所にはいる。 「魚の骨が歯に-・る」 「かばんが電車のドアに-・る」
二つの主となるものや対立するものの間にはいる。 「番組の間にコマーシャルが-・る」 「姑と妻の間に-・って困っている」
[慣用] 奥歯に物が-

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

挟まるの関連情報