コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田中義廉 たなか よしかど

2件 の用語解説(田中義廉の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田中義廉 たなか-よしかど

1841-1879 明治時代の教科書編集者。
天保(てんぽう)12年2月11日生まれ。田中芳男(よしお)の弟。尾張(おわり)(愛知県),江戸で蘭学,医学をまなぶ。海軍兵学寮の兵学大助教をへて,明治5年文部省にはいる。6年文部省最初の「小学読本」を編集。同年文部省をやめ,以後「小学日本文典」「万国史略」などの教科書執筆に専念した。明治12年10月3日死去。39歳。信濃(しなの)(長野県)出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

田中義廉

没年:明治12.10.3(1879)
生年:天保12.2.11(1841.4.2)
幕末・明治初期の洋学者,教科書編集者。信濃国(長野県)飯田に医師田中隆三の6男として生まれ,尾張や江戸で医学,蘭学などを学び,海軍兵学,蒸気機関を研究する。そのかたわら英語,フランス語を修めた。明治2(1869)年に海軍学校御用掛として海軍操練所創設にかかわり,兵学大助教となるが,5年に文部省に移り,教科書編纂に従事した。彼が6年に編纂した『小学読本』は,アメリカの『ウイルソン・リーダー』の直訳に近いものであったが,わが国最初の小学国語読本として当時の人々に大きな影響を与えた。この他にも『小学日本文典』などの教科書を著している。<参考文献>秋山弥助「田中義廉先生」(『信濃』1942年6月号)

(米山光儀)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

田中義廉の関連キーワード往来物教科書検定制度国定教科書洋学教科書裁判教科書体検定教科書西洋学光村図書出版片山淳吉

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone