コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

振動リップル(読み)しんどうリップル(英語表記)oscillatin ripple

岩石学辞典の解説

振動リップル

対称的なリップルで,鋭いクレストと広い谷をもち,浅い水中で表面の波の動きが底に往復運動を与えたときに形成されたと考えられる.内部には対称的な山形の模様が形成される[Bucher : 1919].流れの方向はに直角で,峰は直線的で互いにほぼ平行横断面は対称的である[木村ほか : 1973].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android