(読み)ソク

精選版 日本国語大辞典の解説

かす・う【捉】

〘他上二〙 (活用の行は未詳) とらえる。うばう。(かす)める。掠(かそ)う。
書紀(720)継体二四年九月(前田本訓)「百済、奴須久利を捉(カスヰ)て」
※書紀(720)皇極二年一一月(岩崎本室町時代訓)「速かに山に向ひて、彼の王を求捉(カスフ)可し」
[補注]活用は、以上の例の「かすふ」「かすゐ」を同一語とすれば、ハ行かワ行かは不明。類似語「かそう」はハ行であるが、「かすゐ」と書かれた例を主とすればワ行の可能性も考えられる。なお、この「かすゐ」については、「かすめる」などの語幹「かす」に「率(ゐ)る」の付いた「かすゐる」の連用形で、とらえて連れて行くの意とする説もある。

つらま・える つらまへる【捉】

〘他ア下一(ハ下一)〙 とりおさえる。つかまえる。とらえる。とらまえる。
咄本・春袋(1777)河太郎の火「かっぱ、火を貰にきたりといへば、〈略〉つらまへんといって、若い者、手組て居る所へ」

つらま・る【捉】

〘自ラ四〙
① とらえられる。とりおさえられる。つかまる。
黄表紙・江戸生艷気樺焼(1785)中「こっちから大門につけてゐてつらまり〈略〉ひきづられて行く」
② すがりつく。とりつく。つかまる。
雑俳・歌羅衣(1834‐44)七「着く渡し妻は小縁りへつらまって」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

捉の関連情報