コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

捕獲中心 ほかくちゅうしんcapture center

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

捕獲中心
ほかくちゅうしん
capture center

半導体内でキャリアを一時的に捕えて動けなくするもので,不純物原子や格子欠陥がこの役割をする。半導体内でドナー準位やアクセプタ準位以外で,伝導帯や価電子帯からかなり離れた禁制帯中の局在したエネルギー準位をもつものをいう。半導体中のキャリアがこの捕獲中心付近にくると,もっていたエネルギーを光や熱として放出して捕えられる。電子を捕えやすいものを電子トラップ,正孔を捕えやすいものを正孔トラップという。この場合,捕えられた電子や正孔は外部から適当なエネルギーをもらうと,また元の伝導帯や価電子帯に戻ってキャリアになる。特別の場合には,電子を捕獲したのちそこに正孔を捕えて,電子と正孔を再結合させる役割を果すものがあり,これを再結合中心と呼ぶ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android