捨言葉・捨詞(読み)すてことば

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
※仮名草子・ぬれぼとけ(1671)中「思ひきるとはやるかたなさよ、心みだるるすてこと葉」
※二人女房(1891‐92)〈尾崎紅葉〉中「『お鉄さん。ちとお出(いで)んなさい』と捨言葉(ステコトバ)で出て行く」
③ =すてぜりふ(捨台詞)③〔最新百科社会語辞典(1932)〕
④ 無責任にいいはなつことば。
※寒川入道筆記(1613頃)愚痴文盲者口状之事「しにたきといふは浮世のすてこと葉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android