コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

排中原理 ハイチュウゲンリ

デジタル大辞泉の解説

はいちゅう‐げんり【排中原理】

論理学で、思考の原理の一。相互に矛盾する二命題のうちのいずれかに真理があり、第3のものはありえないことをいう。「AはAでも非Aでもないものではない」または「AはBでも非Bでもないものではない」という形式で表される。排中律。排中法。→思考の原理

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

排中原理の関連キーワード形式論理学選言原理論理学原理思考