コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

排他条件付取引

1件 の用語解説(排他条件付取引の意味・用語解説を検索)

流通用語辞典の解説

排他条件付取引

力の強い優位者が正当な理由もないのに弱い立場にある相手に自己以外の事業者との取引をしないことを条件として行う取引のこと。このような条件は取引相手を選択する自由を制限することになるとともに、公正な競争を阻害することになり、不公正な取引方法のひとつとみられる場合がある。しかし、安定した取引関係を継続することは取引する企業にとっては好ましい場合もあり、必ずしも否定できないとする考え方もある。

出典|(株)ジェリコ・コンサルティング
Copyright (C) 2010 by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

排他条件付取引の関連キーワード団体交渉権婚約不履行謂れ無い事大人騒がせ由もがな差別待遇知る由も無い正当な事由(正当事由)ジムファイター

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

排他条件付取引の関連情報