コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

掘立柱建物 ほったてばしらたてもの

防府市歴史用語集の解説

掘立柱建物

 地面に穴を掘り、そこにを立てた建物。四すみとその間に柱を立てますから、建物のあったところには四角形に柱がならびます。

出典 ほうふWeb歴史館防府市歴史用語集について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ほったてばしらたてもの【掘立柱建物】

掘立柱は地面に穴をうがち,中に柱を立て,柱の根元を地中に固定する形式の柱をいい,竪穴住居にも使われるが,平地に掘立柱を立て,屋根を地上までふき降ろさない形式の建物を掘立柱建物として,竪穴住居と区別し,平地式と高床式(高床住居)に分ける。ヨーロッパではバルカン半島からドナウ川沿岸地方にかけて栄えたダニューブ文化(前5千年紀)以来,長方形平面の掘立柱建物が住居の主流となって,石造建築の栄えたギリシア・ローマ時代においても,アルプス以北の森林地帯ではその傾向は変わらない。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

掘立柱建物の関連キーワード三内丸山(さんないまるやま)遺跡吉野ケ里(よしのがり)遺跡東大寺領横江荘遺跡長者ヶ平官衙遺跡水池土器製作遺跡下高橋官衙遺跡永吉天神段遺跡吉崎飛鳥浄御原宮土佐国分寺跡東山官衙遺跡奈良山瓦窯跡大鳥井山遺跡古志田東遺跡正道官衙遺跡大島畠田遺跡吉野ヶ里遺跡三内丸山遺跡下之郷遺跡因幡国庁跡

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

掘立柱建物の関連情報