コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高床 タカユカ

大辞林 第三版の解説

たかゆか【高床】

地面に立てた柱の上に高く張った床。また、その建築物。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高床
たかゆか

床高の高い建物。弥生(やよい)時代に倉庫として現れる。香川県出土と伝える銅鐸(どうたく)や奈良県・唐古(からこ)遺跡出土の土器に線刻の絵があり、また、静岡県の登呂(とろ)および山木(やまき)の遺跡では、その部材も出土している。古墳時代になると、奈良・佐味田宝塚(さみだたからづか)出土の家屋文鏡に入母屋(いりもや)造の高床住居の絵がみられる。一方、埴輪(はにわ)にも切妻(きりづま)造や入母屋造の高床の家形埴輪があり、なかには千木(ちぎ)、堅魚木(かつおぎ)を屋根に飾るものがある。このような建物は貴人の住宅など主要な建物とみられ、神明(しんめい)造や大社(たいしゃ)造の神社本殿は、高床倉庫と宮殿住宅とを表現したものと思われる。正倉院宝庫をはじめ校倉(あぜくら)、板倉の倉庫には高床のものが多い。平安宮の紫宸殿(ししんでん)などの宮殿や、神社本殿が高床につくられるのは、古代からの踏襲と解される。[工藤圭章]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

高床の関連キーワード飛鳥浄御原宮(あすかきよみはらのみや)の正殿跡super highdecker樽味四反地(たるみしたんじ)遺跡特急スーパービュー踊り子カピンガマランギビレッジ淡路ワールドビレッジマルカタイヤワン宮殿スアンパッカード宮殿ラッテストーン公園アバーデア国立公園コンポンプルックムアラムンタイサルタンの王宮チョンクニアロングハウス池上曽根遺跡ポディウム最古の神像西沼田遺跡イフガオ族

今日のキーワード

シンデレラ体重

女性の理想的な体重の指標の一つで、BMIなどと同様、計算式にあてはめて割り出す。もともとは大手エステサロンが女性の理想的な体重として20年以上前に考案した指標で、当時の計算式は「身長(メートル)×身長...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

高床の関連情報