コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

掘込港 ほりこみこう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

掘込港
ほりこみこう

水際線に出入がなく単調な場合に,陸地を掘込んで造成した港。埋立て港に対する語。小規模な河川港専用船だけが利用する工業港に適する。北海道の苫小牧港 (西港) は日本最初の掘込式海港で,茨城県鹿島臨海工業地帯にも造成されている。また苫小牧東港は大きな掘込港で,1976年防波堤工事に着工,80年には内航石炭船が入港した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

掘込港の関連キーワード直江津富士市港湾片貝

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android