コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

工業港 こうぎょうこう industrial port

2件 の用語解説(工業港の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

工業港
こうぎょうこう
industrial port

工業地域に隣接してこれと結びついた港湾をいう。近年は特に専用埠頭を特定のプラント用地内に設けたものをさす場合もある。また高性能設備によって埠頭の荷役能率を高める。大規模な臨海工業地帯の建設に伴い,近年急速に発達した産業港湾は工業港の発展した広域港湾として新しい形態を整えつつある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こうぎょう‐こう〔コウゲフカウ〕【工業港】

工場の専用埠頭(ふとう)から貨物船に原材料や製品を直接積み降ろしできる設備をもつ港。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

工業港の関連キーワード工業地域工業地帯ザーンダムインダストリアルデザイン用途地域堺泉北港周氷河林業地域カトビツェ住工共生のまちづくり条例

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

工業港の関連情報