コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

掛(か)り付け薬局 カカリツケヤッキョク

デジタル大辞泉の解説

かかりつけ‐やっきょく〔‐ヤクキヨク〕【掛(か)り付け薬局】

外来受診した患者が、どの医療機関で院外処方箋を受け取った場合でも、いつもそこで薬の調剤を受けると決めた薬局
[補説]薬局では、患者ごとに、処方した薬、購入した市販薬、副作用アレルギーなどの記録を作成する。院外処方箋を受け取った患者は、薬局を自由に選んで調剤を受けることができるが、掛かり付けの薬局を決めておくことで、薬の重複や飲み合わせの問題がないか薬剤師が確認しやすくなるため、医療の質が向上するとされる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

掛(か)り付け薬局の関連キーワード補説

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android