コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

調剤 チョウザイ

大辞林 第三版の解説

ちょうざい【調剤】

( 名 ) スル
医師の処方箋に従って薬剤を調合すること。 「 -室」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

調剤
ちょうざい

一定の処方に従って、2種以上の薬品を配合し、または1種の薬品を用いて特定人の特定の疾病に対する薬を調製する行為をいう。すなわち、医師、歯科医師の処方により薬剤を調製する行為を調剤といい、薬剤師の大きな職能の一つであるが、医薬分業が確立していないわが国では、医師自らの調剤も認められている。調剤は、単に処方箋(せん)に記載された薬名、分量を秤量(ひょうりょう)、混合、分包、あるいは錠剤、カプセル剤の場合では計数するのみでなく、処方箋をチェックし、記載事項を確認し、調製し、鑑査し、患者に交付するまでをいう。薬袋の記載、分包、計数など一連の操作のうち、本質的なものと非本質的なものが問題となっており、薬剤師自身の行為の範囲、患者への服薬指導など、注射薬の調剤を含めて調剤の定義そのものも、時代の進歩とともに大きく変わろうとしている。[幸保文治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

調剤の関連キーワードシップヘルスケアファーマシー東日本特許権の効力が及ばない範囲の実施限度額適用認定証掛り付け薬局阪神調剤薬局調剤ポイント医療用医薬品電子処方箋医療モール調剤技術料院外処方箋ハピコム配合禁忌保険調剤日本調剤保険薬局門前薬局調剤薬局院外処方薬局生

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

調剤の関連情報