採藻業(読み)さいそうぎょう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

採藻業
さいそうぎょう

海藻類を採集して利益を得る漁業の一種。採藻業が行われている範囲は第1種共同漁業権内の水深約20メートル以浅で、海岸に沿った岩礁地帯や転石、岩場に繁茂するコンブ、ワカメ、テングサなどの海藻を採集する。コンブやワカメなどは、船上からのぞき眼鏡で海底に生育する海藻を見ながら、ねじり竿(ざお)、鉤竿(かぎざお)、鎌(かま)などで絡め取ったり刈り取る。また、漂流しているものは、引綱のついた「まっき」とよばれる鉤を、なぎさから投げ込んで絡め取る。テングサは潜水して採集する。潜水法は、素潜り(スキンダイビング)やヘルメット式あるいはスキューバ式がある。[小橋二夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android