接触変成法(読み)せっしょくへんせいほう(英語表記)calalytic reforming process

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

接触変成法
せっしょくへんせいほう
calalytic reforming process

脱水素促進作用をもつ触媒と過剰の水素を用いて、芳香族炭化水素を製造する方法。本法によりオクタン価の変更を伴うガソリン製造などでは、接触改質法といい、おもに石油精製の分野で用いられる。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android