接触変成法(読み)せっしょくへんせいほう(英語表記)calalytic reforming process

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

接触変成法
せっしょくへんせいほう
calalytic reforming process

脱水素促進作用をもつ触媒と過剰の水素を用いて、芳香族炭化水素を製造する方法。本法によりオクタン価の変更を伴うガソリン製造などでは、接触改質法といい、おもに石油精製の分野で用いられる。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android