接貢船(読み)セッコウセン

大辞林 第三版の解説

せっこうせん【接貢船】

琉球より明・清へ朝貢貿易の形で派遣された官船。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

せっこう‐せん【接貢船】

〘名〙 中世・近世、琉球王が中国皇帝より冊封(さくほう)をうけて、進貢の形式で貿易を行なった官船。進貢船。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android