官船(読み)かんせん

  • かんせん クヮン‥

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 官有の船舶。
※公議所日誌‐一三・明治二年(1869)五月「多く官船を設け、相当の賃銭にて、庶民に借すにしかず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

官船の関連情報