コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

掬粋巧芸館 きくすいこうげいかん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

掬粋巧芸館
きくすいこうげいかん

1932年4月山形県東置賜郡川西町に創設された,私立美術館の草分けの一つ。山形の造り酒屋井上家の 10代庄七によって,明治中期より収集された日本の陶磁器と,大正末より収集された中国および朝鮮の陶磁器を展示する。収蔵品は,日本陶磁器約 230点,中国約 250点,朝鮮約 100点など,総数約 600点。重要文化財の『染付飛鳳文瓢形八角瓶』を含む。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本の美術館・博物館INDEXの解説

きくすいこうげいかん 【掬粋巧芸館】

山形県東置賜(ひがしおきたま)郡川西町にある工芸館。昭和7年(1932)創立。地元の醸造メーカー樽平酒造10代目井上庄七が開設。日本・中国・朝鮮の鑑賞用陶磁器などを展示する。染付飛鳳唐草文八角瓢(ひさご)形花生(国指定重要文化財)などを所蔵。冬季休館。
URL:http://www4.ocn.ne.jp/~taruhei/
住所:〒999-0122 山形県東置賜郡川西町大字中小松2911
電話:0238-42-3101(樽平酒造株式会社)

出典 講談社日本の美術館・博物館INDEXについて 情報

掬粋巧芸館の関連キーワード清水宏斎藤寅次郎成瀬巳喜男山中貞雄五所平之助マキノ雅広稲垣浩小津安二郎キューカー満州国

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android