コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

掻き板/攪き板 カキイタ

デジタル大辞泉の解説

かき‐いた【×掻き板/×攪き板】

物をたち切るのに用いる板。裁ち物をするときや、元服の儀式で冠者の髪の端をのせて切りそろえるときに使う。一説に、漆塗りの板で、書いた文字を消して何回も使えるようにしたもの。
「人の家につきづきしきもの…衝立(ついたて)障子。―」〈・二三五〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android