コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

冠者 カザ

デジタル大辞泉の解説

か‐ざ〔クワ‐〕【者】

《「かじゃ」の直音表記》「かんじゃ(冠者)」に同じ。
「―の君の御さま」〈・少女〉

か‐じゃ〔クワ‐〕【冠者】

かんじゃ」の撥音の無表記。「太郎冠者

かん‐ざ〔クワン‐〕【冠者】

《「ざ」は「じゃ」の直音表記》「かんじゃ(冠者)1」に同じ。
「―の御座、引き入れの大臣(おとど)の御座、御前にあり」〈・桐壺〉

かん‐じゃ〔クワン‐〕【冠者】

元服して冠をつけた少年。転じて、若者。若輩。かじゃ。
「その―しかるべき所に宮仕へしける程に」〈今昔・二九・一一〉
六位で無官の人。
「匡房卿はいまだ無官にて、江―とてありけるを」〈十訓抄・一〉
召使いの若者。
「郎等―ばら、主の心を知りて恐れて是をとかず」〈略本沙石集・八〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かざ【冠者】

〔「かじゃ」の直音表記〕
元服をした少年。かんじゃ。 「 -の君のおはしつる/源氏 乙女

かじゃ【冠者】

〔「かんじゃ」の撥音「ん」の無表記〕
かんじゃ(冠者)」に同じ。 「源太-はなきか/平治

かんじゃ【冠者】

元服式を済ませて、冠を着けている少年。また、若者。 「其の-しかるべき所に宮仕へしける程に/今昔 29
六位で無官の人。 「匡房卿いまだ無官にて江-とてありけるを/十訓 1
召し使いの若者。 〔室町後期以降撥音の無表記形から出た「くわじゃ」の語形も多く用いられるようになった〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の冠者の言及

【太郎冠者】より

…大名,果報者(かほうもの),主と呼ばれる役柄の人物に仕える召使の役で,狂言に登場する役柄の中ではもっとも数の多い代表的な人物である。《清水(しみず)》《縄綯(なわない)》《千鳥》《鐘の音》《止動方角》《寝音曲(ねおんぎよく)》《素袍落(すおうおとし)》《木六駄》など,大蔵流では小名(しようみよう)狂言,和泉流では太郎冠者物と称される演目群にシテとして登場し,《末広がり》《目近(めぢか)》《三本柱(さんぼんのはしら)》などの脇狂言,《粟田口》《入間川》《今参り》《文相撲(ふずもう)》《靱猿(うつぼざる)》《鬼瓦》《萩大名》などの大名狂言ではアド(能のワキ役にあたる)として登場する。冠者という語は,もと元服加冠したばかりの若者の称で,のちに主持ちの若者をも意味したが,狂言では若者の意味はなく,男性の総領の通俗的呼称である太郎を付して召使一般を意味する類型的役柄となった。…

※「冠者」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

冠者の関連キーワード素袍落(素襖落)棒縛∥棒しばり清水(狂言)止動方角次郎冠者太郎冠者末広がり堪忍袋樋の酒鐘の音宝の槌口真似萩大名寝音曲成上り木六駄女天下鬮罪人富士松太刀奪

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

冠者の関連情報