コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

掻取 カイドリ

デジタル大辞泉の解説

かい‐どり【×掻取】

着物の裾が地に引かないように、褄(つま)や裾を引き上げること。
1のようにして着用するところから》打掛小袖(うちかけこそで)。近世慣例として、武家の婦人用を打掛、公家の婦人用を掻取という。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

掻取【かいどり】

打掛(うちかけ)

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

掻取の関連キーワード初瀬川健増婚礼衣装色打掛しごき裲襠帯下つま

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

掻取の関連情報