掻爬手術(読み)そうはしゅじゅつ

妊娠・子育て用語辞典の解説

そうはしゅじゅつ【掻爬手術】

子宮の中の内容物をきれいに取り去る手術です。流産などで胎児胎盤子宮内に残っている場合、行なう必要があります。

出典 母子衛生研究会「赤ちゃん&子育てインフォ」指導/妊娠編:中林正雄(愛育病院院長)、子育て編:多田裕(東邦大学医学部名誉教授) 妊娠・子育て用語辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

そうは‐しゅじゅつ サウハ‥【掻爬手術】

〘名〙 種々の子宮内膜疾患に際して行なわれる方法で、子宮口から器械的に内膜を掻爬する方法。人工妊娠中絶の一方法として子宮内容除去術があるが、この際に同時に内膜の掻爬も行なうので、人工妊娠中絶の俗称として掻爬と呼ぶことが多い。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android