コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

揚州十日記 ようしゅうじゅうじつき Yáng zhōu shí rì jì

1件 の用語解説(揚州十日記の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ようしゅうじゅうじつき【揚州十日記 Yáng zhōu shí rì jì】

中国,清初の王秀楚の著。1巻。異彩を放つ記録文学であり,歴史資料でもある。1645年(順治2)予親王トド(多鐸)麾下(きか)の清軍は,揚州で史可法の明の残軍の抵抗にあい,これを陥落させた後,大規模な略奪と殺戮を行った。陰暦4月25日から5月5日まで,その渦中にあった著者がみずからの生々しい体験を記録したのが本書であり,死者80万という異常な状況が実感される。1808年(文化5)以前に日本にも将来,刊行された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の揚州十日記の言及

【史可法】より

…しかし馬士英の専権に反対し,みずから請うて揚州に出鎮し清軍と敵対した。このときの激戦の状況は《揚州十日記》にくわしい。最後に彼は清軍に捕らわれ殺された。…

※「揚州十日記」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

揚州十日記の関連キーワード異彩異彩を放つ市に虎を放つ紅一点放つ光を放つ火を放つ陸離精彩を放つ目を放つ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone