コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

揚州十日記 ようしゅうじゅうじつきYáng zhōu shí rì jì

世界大百科事典 第2版の解説

ようしゅうじゅうじつき【揚州十日記 Yáng zhōu shí rì jì】

中国,清初の王秀楚の著。1巻。異彩を放つ記録文学であり,歴史資料でもある。1645年(順治2)予親王トド(多鐸)麾下(きか)の清軍は,揚州で史可法の明の残軍の抵抗にあい,これを陥落させた後,大規模な略奪と殺戮を行った。陰暦4月25日から5月5日まで,その渦中にあった著者がみずからの生々しい体験を記録したのが本書であり,死者80万という異常な状況が実感される。1808年(文化5)以前に日本にも将来,刊行された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の揚州十日記の言及

【史可法】より

…しかし馬士英の専権に反対し,みずから請うて揚州に出鎮し清軍と敵対した。このときの激戦の状況は《揚州十日記》にくわしい。最後に彼は清軍に捕らわれ殺された。…

※「揚州十日記」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android