コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

換算幅 かんさんはばreduced width

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

換算幅
かんさんはば
reduced width

複合核の1つの励起状態から単位時間に粒子やγ線を放出する全確率をその励起状態の幅といい,ある粒子 X を放出する確率を,X への部分幅という。部分幅は複合核内部の性質に起因する固有の因子と,粒子 X の運動エネルギーなど複合核外の状況に関係する因子との積であり,このうち前者を換算幅という。換算幅は複合核の表面で粒子 X が見出される確率に比例する量で,原子核の励起状態を特徴づける。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android