コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

期間損益 きかんそんえき

1件 の用語解説(期間損益の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

期間損益
きかんそんえき

一会計期間における企業の経常的な活動から生じた利益または損失。収益から,それを得るために使われた費用を差引いて計算される。企業規模が次第に大きくなり,それに伴う株式所有の分散の結果,株主,債権者,その他の利害関係者にとって企業の収益力を知る必要性が高まる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の期間損益の言及

【期間利益】より

…差額がマイナスの場合は期間損失という。また両者を総称したものが期間損益である。期間利益には,その期の経常的な営業活動に起因する経常利益のほか,突発的災害損失,巨額の固定資産売却益などの臨時損益や取立て不能で償却した債権の回収益のような前期損益修正項目などの経常的でないものが含まれる。…

※「期間損益」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

期間損益の関連情報