コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

財産法 ざいさんほうproperty law

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

財産法
ざいさんほう
property law

財産に対する直接および間接の権限を付与する権利にかかわる私法の分野。財産法は他の私法,たとえば,人に関する法,契約法,不法行為および相続法と区別される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

財産法【ざいさんほう】

私有財産制度を前提とする社会における財産の支配・取引に関する法規の総称。資本主義社会は財産権の不可侵,契約自由の原則に立って利潤追求のために商品生産を行う。財産法は,このような資本主義の経済活動の保護,円滑化を目的としている。
→関連項目私法民法

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ざいさんほう【財産法】

身分法との対比で用いられる語であって,広い意味では,財産上の生活関係(財貨の生産,取引等)を規律する法(民法の物権法・債権法,商法)をいい,家族の生活関係(夫婦,親子等)を規律する身分法(親族相続)と区別される。狭い意味では,民法全5編のうち,前3編(総則,物権,債権)に関する法をいい,これに対して後2編(親族,相続)を身分法という。狭い意味で用いられるのがふつうである。 財産法を身分法から区別する意味は,身分法の特殊性を主張する学者により,かつて強調された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ざいさんほう【財産法】

私法のうち、経済生活に関する財産の支配および取引法規の全体。 → 身分法

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

財産法
ざいさんほう

人の市民としての生活を規律する法律関係、すなわち私法関係のうち、家族的生活関係に関するものを除いた、経済的生活関係に関する法。身分法に対することば。民法のうちの物権法・債権法と商法とが財産法の主要なもの。合理性が支配する点が身分法と大きく異なる。[高橋康之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

財産法の関連キーワード国の債権の管理等に関する法律国有財産・公有財産コピーホールダー永田 菊四郎永田菊四郎企業用財産物品管理法公共用財産皇室用財産人見 康子中川善之助知財信託公共用物共同所有普通財産広中俊雄山田卓生国有林野行政財産公用財産

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

財産法の関連情報