コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

搔巻 かいまき

世界大百科事典 第2版の解説

かいまき【搔巻】

夜具の一種。衿,袖つきで,着物と形は似るが大きく,袖は袖口のあいた広袖で,中に綿を入れる。夜着(よぎ)といわれる同形の掛けぶとんよりは小さく,〈どてら〉よりは大きい。夏の夜具や,寒い時に掛けぶとんの下に重ね,袖に手を通して用いる。語源は定かでないが,《守貞漫稿》によれば《沙石集》の〈ぬれたる小袖をふせごにかけて焦れたる処あさましと思ひてかひまきて持て参りぬ〉に由来する,という。同書によれば,江戸ではふとんを用いずもっぱら夜着を用いたとあり,裾,袖とも裏を表より長く裁ち,表に折り返したとある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

搔巻の関連情報