コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

搔巻 かいまき

1件 の用語解説(搔巻の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

かいまき【搔巻】

夜具の一種。衿,袖つきで,着物と形は似るが大きく,袖は袖口のあいた広袖で,中に綿を入れる。夜着(よぎ)といわれる同形の掛けぶとんよりは小さく,〈どてら〉よりは大きい。夏の夜具や,寒い時に掛けぶとんの下に重ね,袖に手を通して用いる。語源は定かでないが,《守貞漫稿》によれば《沙石集》の〈ぬれたる小袖をふせごにかけて焦れたる処あさましと思ひてかひまきて持て参りぬ〉に由来する,という。同書によれば,江戸ではふとんを用いずもっぱら夜着を用いたとあり,裾,袖とも裏を表より長く裁ち,表に折り返したとある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

搔巻の関連キーワードパステル呉器蒸し衾夜具組夜具袖付き付下げ積夜具釣夜具

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

搔巻の関連情報