コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

搗砿機 とうこうきstamp(ing) mill

1件 の用語解説(搗砿機の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

搗砿機
とうこうき
stamp(ing) mill

昔,日本で足踏みや水車動力で使われた搗臼 (つきうす) とまったく同じ原理のもので,いまはすべて電動である。電動回転する腕の運動できねが上下して,臼の内容物をつく。破砕作用は一般に軟和で,米穀,特に酒造原料米の精白 (この場合は精米機という) ,軟質陶土の予備破砕,混汞法 (こんこうほう) による採金などに用いられる。混汞法の場合は,下は臼でなく銅板である。きねの揚程と重量を大にすれば破砕作用も大きくなるので,最近の粉末冶金の発達に伴い,塊状金属を搗砕する考案もあるが,きねや臼からの不純物の混入,大気による酸化物の発生などがこの方法では防ぎにくいので,あまり多くは用いられない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone