米穀(読み)べいこく

精選版 日本国語大辞典「米穀」の解説

べい‐こく【米穀】

〘名〙 こめ。また、穀類の総称。
※新十二月往来(1206頃か)「於米穀炭薪続松等者、以船令進上候」
※平家(13C前)二「しづが山田を返さねば、米穀のるいもなく」 〔列仙伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「米穀」の解説

【米穀】べいこく

米と雑穀。〔後漢書、馬融伝〕會(たまたま)(へうき)し、邊方擾亂(ぜうらん)す。米踴貴し、關よりして以西(だうきん)(路上の餓死者)相ひむ。

字通「米」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

トンガ(国)

太平洋南西部、日付変更線のすぐ西側(南緯約20度・西経約175度)に位置するポリネシア唯一の王国。トンガ海溝に沿って、その西側に南北に連なる諸島をトンガ諸島といい、この諸島をあわせて1970年にトンガ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android