搗精(読み)トウセイ

  • ×搗精
  • とうせい タウ‥
  • とうせい〔タウ〕

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

米その他穀物の外皮部を除き、料理できる状態にすること。玄米では白米(精米)にして品質を高めることで、精米、精白ともいい、オオムギでは精麦とよぶ。

[星川清親]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 つきしらぐこと。玄米をついて白くすること。精白すること。
※武州このごろ記(1935)〈北条清一〉日本一の栄養村「主食品の米麦は、搗精の低い七分搗に」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android