コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

搗精 トウセイ

デジタル大辞泉の解説

とう‐せい〔タウ‐〕【×搗精】

をついて白くすること。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

とうせい【搗精】

玄米を搗いて白くすること。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

搗精
とうせい

米その他穀物の外皮部を除き、料理できる状態にすること。玄米では白米(精米)にして品質を高めることで、米、精白ともいい、オオムギでは精麦とよぶ。[星川清親]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

搗精の関連キーワードアリューロン層研削式精米機コウリャンぬか(糠)白米・玄米強化食品農産加工小麦粉変質米胚芽米精麦機精穀食品押麦

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android