コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

携帯浄水器 けいたいじょうすいき

1件 の用語解説(携帯浄水器の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

携帯浄水器

アウトドアや旅行などに携帯できる浄水器。ボトルの注ぎ口にマイクロフィルターが付いたタイプや小さなポンプで水を吸い上げてセラミックフィルターで浄化するタイプなどがある。製品によって浄水器の水処理能力に差はあるが、雨水や川、湖の水ぐらいなら、病原菌有害物質などを十分に浄化することができる。海外旅行で生水や水道水を飲まなければならない状況や、水場の汚染が心配なキャンプなどにあると便利。交換フィルターの寿命は製品によって異なるが100〜7000リットルなので、ちょっとしたアウトドアでの使用には十分対応できる。地震などの災害時に備えて家庭に用意しておけば、いざというとき、風呂の水やトイレタンク内の水を浄化して飲料水にでき、心強い。

(松倉一夫 アウトドアライター / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

携帯浄水器の関連キーワードフェードアウトキャラバンアウトドアアウトドアスポーツアウトドアライフ浄水池携帯トイレアウトドアリビング浄水器・整水器アウトドアリサーチ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone