コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

摩耗症(磨耗症) まもうしょうまもうしょう Abrasion

翻訳|Abrasion

1件 の用語解説(摩耗症(磨耗症)の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

まもうしょうまもうしょう【摩耗症(磨耗症) Abrasion】

[どんな病気か]
 かみ合わせの力以外のいろいろな機械的作用により、歯が摩滅(まめつ)した状態をいいます。代表的なものに、誤った歯ブラシ使い方による歯頸部(しけいぶ)(歯と歯ぐきのさかい目)のくさび状欠損があります。この場合、エナメル質が深く削られ、象牙質(ぞうげしつ)が露出してきます。
[症状]
 くさび状欠損ができると、歯の神経である歯髄(しずい)にも近くなり、歯ブラシや冷水、温水などが触れたときに激しく反応して、一過性の知覚過敏症をおこすことがあります。
 慢性化すると、痛みは少なくなり、象牙質は黄色味を帯びてきます(透明象牙質)。これは、象牙質の中の管が石灰化によって埋まってしまったために、光の乱反射がなくなるためです。
 こうなると症状は軽減しますが、むし歯になる可能性もあるので、歯科医に相談することがたいせつです。
[治療]
 人工的に象牙質の管をつめることもできますが、一般的には歯がすり減った部分にレジンなどをつめると同時に、正しい歯ブラシの使い方を指導します(「歯の正しいみがき方」)。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

摩耗症(磨耗症)の関連キーワード食合せ何心地犬合せ噛み合せ噛み合せる睨み合せる飲合せフォーカマイユ重ね合わせの法則(力学)空合わせ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone