コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

摩耗症(磨耗症) まもうしょうまもうしょうAbrasion

翻訳|Abrasion

1件 の用語解説(摩耗症(磨耗症)の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

まもうしょうまもうしょう【摩耗症(磨耗症) Abrasion】

[どんな病気か]
 かみ合わせの力以外のいろいろな機械的作用により、歯が摩滅(まめつ)した状態をいいます。代表的なものに、誤った歯ブラシ使い方による歯頸部(しけいぶ)(歯と歯ぐきのさかい目)のくさび状欠損があります。この場合、エナメル質が深く削られ、象牙質(ぞうげしつ)が露出してきます。
[症状]
 くさび状欠損ができると、歯の神経である歯髄(しずい)にも近くなり、歯ブラシや冷水、温水などが触れたときに激しく反応して、一過性の知覚過敏症をおこすことがあります。
 慢性化すると、痛みは少なくなり、象牙質は黄色味を帯びてきます(透明象牙質)。これは、象牙質の中の管が石灰化によって埋まってしまったために、光の乱反射がなくなるためです。
 こうなると症状は軽減しますが、むし歯になる可能性もあるので、歯科医に相談することがたいせつです。
[治療]
 人工的に象牙質の管をつめることもできますが、一般的には歯がすり減った部分にレジンなどをつめると同時に、正しい歯ブラシの使い方を指導します(「歯の正しいみがき方」)。

出典|小学館
家庭医学館について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone