コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

知覚過敏症 ちかくかびんしょうHyperesthesia

翻訳|Hyperesthesia

1件 の用語解説(知覚過敏症の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

ちかくかびんしょう【知覚過敏症 Hyperesthesia】

[どんな病気か]
 いろいろな刺激に対して、一過性に歯髄(しずい)の知覚が高まった状態をいいます。細菌などの刺激がなくても、硬組織に閉じ込められた歯髄は痛みをおこすのです。
 これは、エナメル質におおわれていた象牙質(ぞうげしつ)が露出することで、神経が入っている歯髄までの距離が近くなり、刺激を受けやすくなったためにおこります。
 このような現象は、歯肉(しにく)の退縮による歯根(しこん)面の露出、誤った歯ブラシの使用、歯の破折(はせつ)、入れ歯の不適合、咬耗(こうもう)・摩耗(まもう)(磨耗)、歯石(しせき)の除去などによっておこると考えられます。また、研磨剤入りの歯みがき剤を使用すると、歯の摩耗(磨耗)を早め、象牙細管が開口しやすくなるともいわれています。
 最近では肉体的・精神的ストレスによる就寝時の歯ぎしりや、かみしめが1つの要因になるともいわれています。
[治療]
 知覚過敏症の治療は、エナメル質のなくなった部位、つまり露出した象牙質の歯髄へつながる管を閉塞(へいそく)させることが基本で、露出部を人工材料でおおい、エナメル質のかわりをさせることが重要です。
 まず歯髄の炎症を鎮静化させる処置がとられ、症状が消えたら、象牙質の穴をレジンなどで充填(じゅうてん)して歯髄に刺激が伝わらないようにします。

出典|小学館
家庭医学館について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

知覚過敏症の関連情報