コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

撞木貝 シュモクガイ

デジタル大辞泉の解説

しゅもく‐がい〔‐がひ〕【×撞木貝】

シュモクアオリガイ科の二枚貝。潮間帯下の岩礁に足糸(そくし)で付着する。貝殻は丁字形で、殻長約15センチ、黄白色。本州中部以南に分布。撞木がき。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅもくがい【撞木貝】

海産の二枚貝。貝殻は殻長約20センチメートルの丁字形で撞木に似る。貝殻は比較的厚く、表面は淡灰黄褐色。房総半島以南の太平洋域に分布。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報