播種機(読み)はしゅき(英語表記)seeder; seeding machine

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

播種機
はしゅき
seeder; seeding machine

農耕用の種まき機械。種子箱,種子の繰出し装置,土に溝を切る溝切り,地中に種子を誘導する導管と種子筒,覆土鎮圧装置などから成る。条播機,点播機,撒播機の3種があり,作物の種類,栽培様式に応じて使用する。点播機はおもにとうもろこしその他豆類,芋類に,撒播機は牧草,れんげ草,亜麻などの種をまくのに用いられる。動力別には人力用,畜力またはトラクタ用がある。日本では播種は大部分手まきで,水稲直播機,苗代点播機,麦用播種機,北海道のラッパ型条播機などはみな人力用の小型の播種機である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android