コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

支出国民所得 シシュツコクミンショトク

大辞林 第三版の解説

ししゅつこくみんしょとく【支出国民所得】

国民所得を支出の側面からとらえたもの。一定期間(通常一年)の民間の消費と投資、政府の支出、輸出から輸入を引いた差額の合計。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の支出国民所得の言及

【三面等価の原則】より

…経済活動の循環のなかでは,国民所得は生産,分配,支出という三つの形態をとる。それらは生産国民所得,分配国民所得,支出国民所得と呼ばれる。三つの国民所得は,同一の実体を異なった側面から把握したにすぎないので,理論的には等価関係にある。…

※「支出国民所得」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

支出国民所得の関連キーワード三面等価の原則乗数理論対外債権差額輸出側面

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android