支出国民所得(読み)ししゅつこくみんしょとく

精選版 日本国語大辞典「支出国民所得」の解説

ししゅつ‐こくみんしょとく【支出国民所得】

〘名〙 国民所得支出からとらえたもの。個人消費支出政府の財貨サービス経常購入・国内総資本形成経常海外余剰の四項目からなる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「支出国民所得」の解説

ししゅつ‐こくみんしょとく【支出国民所得】

支出の面からとらえた国民所得。一定期間の民間消費・投資、政府支出、対外債権の増加額の合計。→生産国民所得分配国民所得

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の支出国民所得の言及

【三面等価の原則】より

…経済活動の循環のなかでは,国民所得は生産,分配,支出という三つの形態をとる。それらは生産国民所得,分配国民所得,支出国民所得と呼ばれる。三つの国民所得は,同一の実体を異なった側面から把握したにすぎないので,理論的には等価関係にある。…

※「支出国民所得」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android