コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

支配勘定 しはいかんじょう

1件 の用語解説(支配勘定の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

しはいかんじょう【支配勘定】

江戸幕府の職名。勘定奉行に所属し、幕府の財政・領地の調査をつかさどった。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の支配勘定の言及

【勘定奉行】より

…この時点で農政部門と財政経理部門が合一し,留守居兼務の職務も勘定頭に一元化して勘定頭制が成立し,同時に伊奈は事実上の関東郡代となった。勘定所の属僚は勘定組頭,勘定,支配勘定で,勘定は38年上方,関東,作事方各4人が初めて置かれたというが,会計担当が決められたのであり,創置はこれ以前であろう。勘定組頭は64年(寛文4)初めて6人が置かれ,御殿詰,上方,関東方に分けられていたが,1723年(享保8)この区分は廃止され,勘定奉行による一元的代官統制が実現した。…

※「支配勘定」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone