労働者派遣法(読み)ロウドウシャハケンホウ

人事労務用語辞典の解説

労働者派遣法」は、労働力の適正な調整を図り、労働者派遣事業の適正な運営を確保することを目的に、派遣労働者の就業条件の整備や派遣先の労働現場における権利などを定めた法律です。1986年に施行され、の中の情勢から何度改正が行われましたが、近年では派遣労働者の保護雇用安定、キャリア形成などに重きを置いた法改正が行われています。

出典 『日本の人事部』人事労務用語辞典について 情報

今日のキーワード

ミルクティー同盟

アジア各国の民主化を求める若者によるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上での同盟の名称。もともとは香港、台湾、タイなどの若者が自国の民主化を求めて行っていたそれぞれの抗議運動がSNS(ソ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

労働者派遣法の関連情報