改正労働者派遣法(読み)カイセイロウドウシャハケンホウ

人事労務用語辞典の解説

改正労働者派遣法

2004年3月1日から施行された新しい労働者派遣法のことです。1985年に制定されて以来2度目の大改正となりました。(1)派遣期間制限の緩和(2)製造業務への派遣対象業務の拡大(3)紹介予定派遣の見直し(4)派遣労働者の直接雇用責任の強化などが主な改正のポイントです。
(2005/1/17掲載)

出典 『日本の人事部』人事労務用語辞典について 情報

今日のキーワード

犯人蔵匿罪

罰金以上の刑にあたる犯罪を犯した犯人または拘禁中に逃走した被拘禁者を蔵匿したり,隠避させる罪 (刑法 103) 。蔵匿とは,隠れる場所を提供することによって,隠避とは,逃走資金や変装用具などを提供する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

改正労働者派遣法の関連情報