コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

改良型沸騰水型軽水炉 かいりょうがたふっとうすいがたけいすいろAdvanced Boiling Light Water Reactor; ABWR

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

改良型沸騰水型軽水炉
かいりょうがたふっとうすいがたけいすいろ
Advanced Boiling Light Water Reactor; ABWR

日立製作所と東芝,ゼネラル・エレクトリック (GE) が共同開発した炉型で,安全性と経済性をポイントに従来型を改良した。日本の東京電力柏崎刈羽原子力発電所 (新潟県) 6号,7号機で初めて採用された。信頼性・安全性の向上,稼働率の向上,被ばくの低減,プラント出力の大容量化,熱効率の向上を目指して,インターナルポンプ,新型制御棒駆動機構,鉄筋コンクリート製格納容器などの新しい技術を採用している。インターナルポンプとは,従来は原子炉圧力容器の外に設置されていた再循環ポンプを容器の内側に取付けたもので,圧力容器を取り囲む太いパイプは不要なため,パイプの破断による冷却材喪失事故などの危険性が低くなった。また,圧力容器の位置を低くでき,格納容器の高さも低くなった。さらに,コンクリート製の原子炉建屋と圧力容器とを一体構造にできたので,耐震性も高まった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かいりょうがた‐ふっとうすいがたけいすいろ〔カイリヤウがた‐〕【改良型沸騰水型軽水炉】

改良型沸騰水型原子炉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

改良型沸騰水型軽水炉の関連キーワード第三世代原子炉日立製作所大間原発東通原発志賀原発