コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

改良藤田スケール カイリョウフジタスケール

デジタル大辞泉の解説

かいりょう‐ふじたスケール〔カイリヤウふぢた‐〕【改良藤田スケール】

竜巻による被害規模を表す藤田スケールの改良版。1971年にシカゴ大学の藤田哲也が提唱した藤田スケールに代わり、米国国立気象局が2007年より新たな尺度として採用。詳細な被害調査に基づき、風速と被害の規模が一致するように修正された。被害が軽微なものから甚大なものになるにしたがい、F0からF5まで6等級で表される。EFスケール

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

改良藤田スケールの関連キーワードJEFスケール

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android