コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

改良藤田スケール カイリョウフジタスケール

デジタル大辞泉の解説

かいりょう‐ふじたスケール〔カイリヤウふぢた‐〕【改良藤田スケール】

竜巻による被害の規模を表す藤田スケールの改良版。1971年にシカゴ大学藤田哲也が提唱した藤田スケールに代わり、米国国立気象局が2007年より新たな尺度として採用。詳細な被害調査に基づき、風速と被害の規模が一致するように修正された。被害が軽微なものから甚大なものになるにしたがい、F0からF5まで6等級で表される。EFスケール

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

改良藤田スケールの関連情報