コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤田哲也 ふじたてつや

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

藤田哲也
ふじたてつや

[生]1920.10.23. 福岡,曽根
[没]1998.11.19. アメリカ合衆国,イリノイ,シカゴ
日系アメリカ人の気象学者。家屋や樹木などの被害状況をもとに竜巻の強さを表す藤田スケール(Fスケール)を定めた。航空機の運航に影響を与える気象現象ダウンバーストの発見者としても知られる。1943年明治専門学校(現九州工業大学)の機械工学科を卒業。1944年に同校物理学部の助教授となる。東京大学で博士号を取得後,1953年渡米,シカゴ大学気象学科の研究員となり,1965年シカゴ大学教授に就任。研究生活の初期から竜巻に関心をもち,飛行機やヘリコプタで竜巻の追跡調査を実施。膨大な数の航空写真の検証や竜巻の発生現場の緻密な調査を重ねた結果,瓦礫や倒木が散乱する一見無秩序な被害状況のなかに法則性やパターンを発見,1971年竜巻の強さを 6段階で示す藤田スケールを発表した。1975年ニューヨークのジョン・F.ケネディ国際空港で発生した旅客機墜落事故の調査では,原因がダウンバーストであったことをつきとめた。ほかにも雷雨やハリケーンなど暴雨についての研究や,小規模・中規模の気象条件を分析する手法の開発などを行ない,メソ気象学の発展に貢献した。1959年日本気象学会岡田賞,1967年アメリカ気象学会マイジンガー賞,1988年アメリカ気象学会応用気象賞,1990年日本気象学会藤原賞を,それぞれ受賞。1991年勲二等瑞宝章受章。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤田哲也 ふじた-てつや

1920-1998 昭和後期-平成時代の気象学者。
大正9年10月23日生まれ。昭和28年アメリカにわたり,40年シカゴ大教授となり,43年帰化した。竜巻(トルネード)の規模を6段階でしめす「藤田スケール」を考案。また航空機事故の原因となるつよい下降気流(マイクロバースト)を発見した。平成10年11月19日シカゴで死去。78歳。福岡県出身。明治専門学校(現九州工大)卒。著作に「たつまき・上」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

藤田哲也の関連キーワード藤田スケール(トルネード)日本版改良藤田スケール改良藤田スケール米国の竜巻少年時代

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

藤田哲也の関連情報